2017.12.08_『ニフレル』訪問記~水槽の魚ぜんぶ撮る!~

ニフレル訪問記・その2。
前回エントリの最後に予告したとおり、
今回は少々マニアックな話を。

(内容の特性上、『記録』すること最優先で撮影した結果、
ちょっと画質的にアレな写真が多いのですが、
ご容赦いただけますと幸いです……。)

■コトの発端はこの無茶ぶりミッション!(笑)

関西遠征の数日前、「ニフレルに行くぜいっ!」とTwitterで呟いたら、
有名水族館ブロガーのかめきちかめぞうさん(@kamekichikamezo)から、
こんな反応がっ!

ななな、なんじゃコリャ?!

ボラみたいにも見えるのは、どうやらソウギョらしい。
あとは、レインボー・フィッシュが何種類か混じってるなぁ。

それにしても、なんともいえないカオス感(笑)。
昭和時代の銭湯みたいな殺風景(失礼)な水槽も、実に味わい深いです。

これはもう、本気出していくしかないでしょう!!

■そして、現地到着。

ここからの様子は、当日にTwitter上で実況しており、
その模様をかめきちかめぞうさんが「モーメント」機能で纏めてくれていますので
気になる方はそちらもご覧ください。

こちらが、その問題の水槽。
水深およそ1m、幅は10mくらいの広さです。

陸上部分ではホワイトタイガーが飼育されていて、
確かに水中部分をしげしげと観察する人は少なかったです。

このときはもう夕方の時間に差し掛かっていて、
館内も照明が落とされてしまったのが、撮影的にはちょっと残念でした。。。
(うぅ、画質…。)

■まずは、判りやすい種類からカメラに収めていきます。

①ソウギョ(学名:Ctenopharyngodon idellus)

中国原産のコイ科魚類。食用魚で、日本にも帰化しています。
漢字では「草魚」。草食性で、水草をモリモリ食べるのが名前の由来。

たぶんこの水槽でいちばん数が多く、かつサイズも大きいので、いちばん目立っている魚。
水槽前の魚名板にも名前が載っています。

それにしても、なぜソウギョをメインに据えたのか??という謎。
特段、観賞面で人気がある魚でもないですし(全国のソウギョ愛好家の方、ゴメンナサイ)。
考えられる理由としては、草食性なので他の小魚を襲わない、というところかな?と。

②メティニス(学名:Metynnis spp.)

南米原産のカラシン科魚類(ネオンテトラとかピラニアと同じ分類群)。
体型もピラニアとよく似ていて、(ニフレルに限らず)水族館ではよく
『ピラニアだー!!』と間違えられて勝手に怖がられる不憫な存在
(メティニス、ミロソマ、コロソマあたりの『ピラニアに似てるけど草食性』
な魚を総称して、現地アマゾンでの呼び名を使って「パクー」と呼んだりします)

※「男性の睾丸を食いちぎる危険な魚」なんてネット記事を見ますけど、基本的におとなしい魚なので、
 多分そんなことはないです。ただ、草食寄りの雑食性で、木の実なんかが好物ですけど。

ソウギョに次いで、この水槽ではよく目立つ魚。
こちらも、魚名板に名前が載っています。
日本語で「メティニス」、英語で「Silver Dollar」。
銀色の1ドル銀貨に見立てた命名ですね。
(日本の観賞魚業界で「シルバー・ダラー」というと、同じカラシン科の
別の小型魚になっちゃうので、少々ややこしいのですが。)

観賞魚として「メティニス」というと、「M. hypsauchen
または「M. argenteus」あたりの数種類が同じ名前で呼ばれたりもするので、
今回は種の特定を避けました。(すみません、パクーの分類苦手で。。。)

③ポリプテルス・オルナティピンニス
(学名:Polypterus ornatipinnis

アフリカ原産の古代魚、ポリプテルス。
ポリプの中では、際立って派手な模様が特徴のオルナティピンニス。

この水槽には、30~40cmくらいの個体が数匹、泳いでいます。
水槽が広いからか、綺麗に育った体型の個体が多くて、ポリプ好きとしては嬉しいところ。
イカツい見た目に反して、おとなしい性格で他の魚を襲って食べることも稀。

この魚も、水槽前の魚名板に名前が載っています。
ちなみにポリプテルスは「Poly(多い)」+「pterus(ヒレ)」。
オルナティピンニスは「ornati(綺麗な)」+「pinnis(羽飾り=背びれ)」。
(以上、ネタに困ったので苦しまぎれの学名解説です)

それにしてもここまで、
「アジア原産のソウギョ」「南米原産のメティニス」
「アフリカ原産のポリプテルス」と、3大大陸の魚がすべてそろい踏み。
改めて、統一感のない……いや、賑やかな水槽だなぁ(汗)。

④シザーステール・ラスボラ(学名:Rasbora trilineata)

東南アジア原産の小型コイ科魚類。
こちらも、熱帯魚として古くからメジャーな魚。

とはいえ、この広い水槽ではイマイチ目立つ存在ではなくて
「単なる銀色の小魚」と見過ごされていそう。。。
いちおう、魚名板にも載っているんですけどね。

尾びれのスタイリッシュな黒帯が、泳ぐとチョキチョキとハサミのように見えるから
「シザーステール」。オシャレで可愛い命名です。
本当は水草水槽に泳がせると映える魚ですし、もっと注目されて欲しい!

■大型レインボー・フィッシュ、3種の競演!

ここまでは、水槽内でまぁまぁ目立っている4種類を紹介しましたが
そんな魚たちに混じって、忙しなく泳ぎ回っている魚が目につきます。

それが、ニューギニア島やオーストラリアに住む、
レインボー・フィッシュの仲間たち。

⑤コームスケール・レインボー(学名:Glossolepis incisus

まずは1種め。
真紅に染まる体色が美しい、大型レインボー・フィッシュの代表格。

ちなみに、美しい紅色に染まるのは成熟したオス個体だけで、
メスは銀色の目立たない魚です。

この水槽内では、オスメス問わず数匹で小さな群れを作って
スイスイと素早く泳ぎ回っていました。

成魚は15cmくらいに成長しよく泳ぎ回り、一般家庭の60cm程度の水槽で飼うには
少しだけ大きすぎる魚種なので、水族館の広々とした水槽で泳ぎまわっているのを見ると
なんだか嬉しくなる魚だったりします。

⑥ハーフオレンジ・レインボー(学名:Melanotaenia boesemani 

続いて2種め。先ほどのコームスケールと並ぶ、大型レインボー・フィッシュの代表格。
その名前のとおり、体の後ろ半分が美しいオレンジに染まる美種です。

こちらも、メスは銀色の地味な体色。
一方でオスの婚姻色は素晴らしくて、しかも喧嘩などで興奮すると
ギラギラと輝くように、模様が濃くなります。あの瞬間が、最高なんですよね…。
(すみだ水族館の水草水槽あたりで、よく観察できます)

先ほどのコームスケールが群れて泳いでいたのと比べ、
こちらのハーフオレンジは一匹狼のように、単独で泳いでいる個体が多く、
種類ごとの違いを観察できたのも面白かったです。

⑦ブルー・レインボー?(学名:Melanotaenia lacustris?)

前2種が個体数も多くてよく目立っているのですが、それとは明らかに違う種類の
レインボー・フィッシュが、時おり姿を見せます。

たぶん…「ブルー・レインボー」かな。
似たような種類も多いので、ちょっと自信無いですけれど。

観賞魚として今でも人気の高いハーフオレンジやコームスケールと比べると、
最近はちょっと見かける機会の少ない、ブルー・レインボー。

この水槽内では、他の2種とは違って自分の縄張りを守るように
他の魚を追い払う姿を観察することができました。

そんな性格的なキツさが、人気の差の理由……なのかも??

■『要審議案件』と、見つけて嬉しい『隠れキャラ』

ここまで7種。
水槽内でパッと目につく種類はおおよそ網羅できました。

けれど、ココで安心してはいけません。
水族館の水槽に、目立たないし魚名板にも載っていない
『隠れキャラ』はつきものです。

むしろ、そういう隠れキャラ探しが、いちばん楽しかったりして。

⑧グリーン・ネオンテトラ?(学名:Paracheirodon simulans
カーディナル・テトラ?(学名:Paracheirodon axelrodi

パッと見では気付かない水槽の奥のほうに、
青く輝く小さな魚が、チロチロと群れているのが目につきました。

MAX:200mmの望遠レンズを装着し、カメラを向けてみます。
しかし……暗い水槽内、数m先を泳ぎまわる、わずか数センチの魚の影…。
ピント合わせすら、容易ではありませんでした。

何枚か連写し、まぁまぁ許せる1枚がコレ。

パッと見は、小型のテトラの1種、グリーン・ネオンテトラに見えました。
でも、それにしてはなんだか、ひとまわり大きく見えるんだよなぁ…。
(グリーン・ネオンは全長およそ3cm。
カーディナル・テトラは全長およそ4cm、見た目にもひとまわり大きい)

上の写真で、真ん中のピントがまぁまぁ合っている2匹は、グリーン・ネオンに見えます。
だけど、右端のピントが外れてる3匹は、カーディナルにも見えますね。
(ネオンテトラではないだろうな、と思います。模様的に)

あるいは、2種が混じっていたのかもしれないですけどね。
うーん、暗所でもよく映るf=2.8通しの大三元レンズ(※とても高い)
でも手に入れば、検証のためにもう一度、撮りに行きたいです(笑)。

と、ここまでで、この水槽の魚はすべて撮り収めたように思いました。
でも、念のため……。
そう思ってもう一度、水槽内を隅々まで覗き込んでいたら……。

なんかいる。

⑨セルフィン・プレコ(学名:Paracheirodon axelrodi)

いわずとしれた水槽内の掃除屋。
でも、一般家庭だとデカくなりすぎてもてあましちゃったりする、セルフィン・プレコ。
(近縁種の「オレンジスポット・セルフィンプレコ」かもしれない)

まぁ……あんまり書くことはないんですけども、
『水槽の魚ぜんぶ撮る!』と銘打って水槽と対峙している以上、
こういう脇役的な魚も、見逃してはいけませんよね。

水槽の柱の陰に隠れているのが見えたので、
しばらく待って、ガラス前面に出てきたところを撮影しました。

(コレで、本当に最後かな……)
今度こそそう思って、一度この水槽を後にしました。

そして、館内をグルッと回って他のエリアも堪能し、小一時間。
(いや、まさかもう見落としてないよね~~、でもさ、念のためだからさ~~)
なんて心の中で言いながら、もう一度この水槽前に戻ってみたら、、、

なんか、おる~~~!
しかも、なんだか判らん~~~!!!

⑩シクリッドの一種(学名:Maylandia mbenjii?)

間違いなく、ほんの1時間前には姿を見せていなかったこの魚。
コイツがのほほんと水槽内を泳いでいるのを見つけたときは、
本当に腰が抜けるほどビックリしました(笑)。
『ななな、なんじゃこりゃ?!』くらい、声に出して言ったかもしれない。

ここまでの9種類は、正直パッと見てだいたいの種類の目星がついたんです。
だけど、コイツだけは、まったくなんだか分からない。

正直、最初のインプレッションは「できそこないの錦鯉」、
もしくは「雑種のブダイ」。まぁ、そんなわけはないんですけど。

よくよく観察すると、どうやらたぶんシクリッドの1種。
だけど、それ以上は全く分からない。南米産なのか、アフリカ産なのかすらも。

とりあえず、また隠れてしまう前に写真に撮ろう。そしてあとでゆっくり調べよう。
そう思いレンズを向けますが、コイツがまた水槽内の暗い場所が好きらしく
なかなか上手く撮影できませんでした。

画質が悪いですけど、なんとか特徴を押さえた1枚がこの写真です。

そして、この写真を「撮ったど~~!」とTwitterに上げてみたところ……
フォロワーさんから、こんな有力情報がっ!!

どうやら、アフリカ・マラウイ湖産のシクリッドの一種
Maylandia mbenjii」という魚のようです。
観賞魚としても、全くマイナーな魚だと思うんですけど、

何故こんな魚が、ここにいるのか。(完)

スポンサーリンク
写真素材のピクスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image