2019.10.05_箱根園水族館~日本でココだけ!バイカルショー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■たぶん日本でここだけ?!バイカルアザラシの屋外展示。

先日訪問した箱根園水族館。

初訪問・箱根園水族館!東京タワー水族館から移籍してきた魚たちに会いに行ってきました。そういえば「箱根園」も「タワ水」も、昔からアクア雑誌でよく見た憧れの水族館だったなぁ。

いちばんの目当ては東京タワー水族館から移籍してきた魚たちとの再会だったのですが、今までなかなか訪問できなかった水族館なので、時間ギリギリまで館内を満喫してきました!(この日は渋谷で超水族館ナイトの開催日だったので、言うほどゆっくりできなかったのですが…)

箱根園水族館に行く前から、水族館ファン界隈から言われていたのが「バイカルはぜひ見てきて!」とのお言葉。
正直、バイカルアザラシなら仙台うみの杜水族館にもいるし、都内でもサンシャイン水族館で見ることができるので、「え、なんでいまさらバイカル、、、?」くらいな感じだったのですが(失礼)、実際のところ正にオンリーワンの素晴らしい展示でした!!!

※補足:
ここのいわゆる「温泉アザラシ」、あとで調べたらずいぶん前からメディアで紹介されたりしているそうで……。自分がいかに、ふだん魚以外の展示情報をスルーしてるのかってことに気付かされました……。ちょっと反省。

■バイカルたちの展示プールがこちら。

そんなわけで、ショーの時間より少し早く「バイカルアザラシ広場」へ。
外が暑かったこともあり、まずは地下に逃げ込んでみました。

おおお!すげぇ!
左側はずっとバイカルアザラシの飼育プールです。(奥の右側にちょっとだけカメたちの展示コーナーがある)
屋外プールなので、この日のように晴れた日には太陽光が差し込んでとても綺麗です。

バイカルは全部で4頭いるそうで、割と頻繁に目の前を横切ってくれます。うーん、見ていて飽きない!!あ、あとプールの水温はけっこう冷たいようで(原産地のバイカル湖周辺は、夏でも気温14度くらいだそうです)、ガラス面には結露が。観察側にワイパーが置いてあって、各自でガラスを掃除しながら見るシステムです。

まるで無重力の宇宙空間を飛ぶ宇宙船のように、ツツーーーっと静かに漂っていきます。魚ともペンギンともイルカとも違う、一種独特の浮遊感……!

この日はかなりいい天気で10月にしては汗ばむ陽気だったのですが、ひんやりした地下ブースにずっといると寒くなってきます……。そろそろ、地上に上がってみましょう。

こちらが、上から見たアザラシプール。かなり広く、そして深さがあります。

■いよいよショーの始まり!(久々に海獣ショーをガッツリ見ました 笑)

そうこうするうちにショーのスタート時間となり、スピーカーから流れてくるBGMに合わせて飼育係さんが2名。

ショーに使う道具はこちら。

アザラシは計4頭いて、右手側と左手側、2頭ずつに分かれてのスタンバイ。

右手側、ぼくの目の前で演技を見せてくれたのは、アン&ビリー。

左手側、ちょっと遠くでスタンバイしているのが、ルーシー&アッシュ。(といっても、個体識別できるレベルにはなれませんでしたが。。。)

■スローテンポがなんとものんびり、ほっこり。

「バイカルアザラシってこんな生き物だよ!」という解説、そして「バイカルアザラシは臆病なのでショーをさせるのが難しく、日本でここだけです!」という説明のあと、最初の演目は浮き輪キャッチ。

……といっても、イルカのようにダイナミックに浮き輪をダイレクトキャットするとか、アシカのように素早く泳いで浮き輪を集めるなんていう器用さはなく、水面に浮いた浮き輪を1つ1つ集め……

首にかけて飼育係さんの元へ。
1つ忘れたままだったり浮き輪を掛けたまま気ままに泳ぎ回ったりと、結構マイペース(笑)

なんとか全部回収してきてくれました。

続いては、フラフープ回し。

こちらも、鼻先にかけてクルクルと勢いよく回すなんて器用さはなく……

フラフープの中に入り、ゆっくりと輪を回す or 自分が回る の2パターンがあるようです(笑)

お次は、フリスビーキャッチ!

といっても(以下同文)
水面に浮かんだフリスビーを、ちゃんと回収してきてくれます。

普段よく見る(ぼくはあまり見ないですが)イルカショーやアシカショーと比べると迫力もスピード感もありませんが、これはこれでのんびりしていて、見ているとなんだか気持ちがほっこりします。
そして、ほかのアザラシと比べて臆病で警戒心が強いといわれるバイカルアザラシとここまで信頼関係を構築したということが、(動物のショーって色々賛否両論ですけれど)素直に素晴らしいなぁと思える光景でした。
(実際、こうして馴れさせることで単なる”見世物”にするのではなく、日ごろの健康管理もしやすくなっているそうです。いわゆる「ハズバンダリー・トレーニング」ってやつですかね)

水族館では、海獣類の飼育で耳にすることのある「ハズバンダリー・トレーニング」。 けれど、魚が相手でもそんなことって可能なんでしょうか??

■意表を突くジャンプ演技!!そして、名物のあのポーズ!

ショーのクライマックスは、イルカやアシカも顔負けのジャンプ演技!
とのこと。
えええ、あのゆったり泳いでいたバイカルたち、ジャンプなんてできるんでしょうか??!

……と思ったら、まさかのバー先端に鼻タッチするというかわいらしいジャンプ。いや、背伸び???
水面上に掲げられたバーの上を飛び越えるんだとばかり思って、そっち狙いで構図キメてました。完全に意表を突かれましたの写真(笑)。

そして最後は、この箱根園のバイカルショーを一躍有名にした(らしい)あのポーズ!

温泉グッズの入ったたらいを浮かべて……

おでこの手拭いもセッティングして……

はいっ、「温泉アザラシ」!

箱根の冬は寒いので、冬になるとアザラシプールからも湯気が立って、更に温泉らしく見えるのだそうです。

スポンサーリンク
写真素材のピクスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image