2018.01.27_仙台うみの杜水族館~ただいまアイナメ子育て中!

■『海藻のうみ」水槽で、アイナメが産卵しました!

仙台うみの杜水族館、『海藻のうみ』コーナーの大水槽。
コンブが生い茂るこの水槽で、アイナメが卵を産みました!

■まっ黄色のお父さんアイナメ!

ドヤ顔で、岩の間に産み付けられた卵を守る親アイナメ。

実は、このアイナメはオス。
オスのアイナメは繁殖期になると、
こんなふうに鮮やかな黄色い体色になり、
卵塊を守り続けます。

卵に新鮮な水を送ったり、他の魚が近寄るのを追い払ったり。
献身的なその姿、静かに見守ってあげたくなりますね。

■仙台でも身近な魚、アイナメ

食べても美味しいアイナメ。

仙台港や七ヶ浜、牡鹿半島などで、
釣りのターゲットとしても親しまれています。
(「アブラコ」「ネウ」とも呼ばれますね)

釣りをする方の中には、
「黄色くて大きいアイナメは子育て中」と知っていて、
釣れてもリリースしてあげる人もいるそうです。

この水槽でも、無事に卵が孵化するといいな、
できればアイナメの稚魚を見ることができたらいいな、と、応援しています。

ちなみに、左右の卵塊(正確には3つある)の色が微妙に違うのは、
どうやら産卵した日が微妙に違うらしく、
卵の発生段階が異なるからなのでは?と思っています。

(※この記事および産卵行動の様子は、2018年1月27日当時のものです。)

Copyrighted Image