【写真展はじめました】×【”水族館飲み会”開催しました】

2018年12月2日。自分にとって本当に記念すべき1日になった。

■写真展「Face of Fishes」開催初日!

人生初の写真展を開催いたします!トークイベントも同時開催!

人生初の写真展「Face of Fishes」開催初日。

写真展をやるというのは、自分の中の”やりたいことリスト”にずっとあった目標のひとつで、今年上京するにあたってできれば実現したい、と思っていたことのひとつ。

色々な人に支えられながら、どうにか開催まで辿りつきました。本当にありがとうございます。会期は1月末までと長いので、途中きっと色んなことがあるのだろうけど、最後まで楽しくいけたらいいな。

「メイキング画像」を、何枚か。

写真のプリントには、高校時代の友人・新納翔氏が管理人をつとめるデジタルラボ「Papyrus」さんを使わせていただきました。
きちんとキャリブレーションされたモニターに、高画質のプリンター。プロ仕様の機材を使っての印刷、めちゃくちゃ楽しかったなぁ!

実は、会場の設営は写真展開始の1週間前の、11月24日。
嫁さんと、親友のKくんがわざわざ北海道から手伝いに駆けつけてくれました。

会場・かなざわ珈琲のマスターに「この壁は自由に使っていいよ!」と言われたので、印刷してきた写真をアレコレ並べてみて、みんなで試行錯誤。
(完成形がどうなったかは、ぜひお店に行って確かめてみてください!)

■そして当日。

写真へのキャプション。
最初、よけいな言葉は要らないかな(というかめんどくさかっただけ)とも思ったんだけど、「水族館の魚名板っぽくしてみる」という遊び心で、ノリノリで作成(笑)。

このキャプションや細かい装飾品を当日持ち込み、会場完成です。

「かなざわ珈琲」さんの店内。
ぼくの写真展のためにこうなっているのではなく、元々こういう装飾なのです。本当に、海好き&生き物好きにはたまらない空間です!
(右側の壁と、奥の廊下&トイレが、ぼくの写真展示スペースです)

■もちろん珈琲も美味しい!

会場設営が完了し、さっそく友人が写真を見に遊びに来てくれ、コーヒーを注文しながら語り合っていると、マスターの金澤さんが目の前で実演をしてくれました!

ぼくは珈琲はまったく素人だけれど、穏やかな語り口の説明はすごく分かりやすく面白いのです。しあわせな時間です。

■夜の部・「水族館飲み会」もぶじ開催!

この日は会期初日ということで、16時から「水族館飲み会」を開催させていただきました。

12月2日、「水族館飲み会@世田谷」開催いたします!集まれ!水族館好きさん&カメラ好きさん!

写真展もだけれど、「オープンな場で魚を語る」ということ自体が初めての経験で緊張だらけでしたが、TwitterやFacebookをご覧になった方、以前にも「かなざわ珈琲」のイベントでご一緒させていただいた方、あと大学の先輩(緊張の主因)などなどたくさんの方にお越しいただきました。

ぼくはと言えば、いつも通りの居酒屋トーク。

前半は緊張で支離滅裂。
後半は酩酊で支離滅裂。

という予想通りの展開でしたが、参加された皆様にあたたかく支えていただき、気が付けば予定の3時間が過ぎ……二次会に突入!

けっきょく、終電ギリギリ(正確にはギリギリアウト)の時間まで飲み続けしゃべり続け。

(こんな写真、人前に初めて公開しましたよ。南米・チチカカ湖で撮った魚「カラチ」)

慣れない&拙い進行でしたが、
ぼく自身は本当に心から楽しいひとときでした!

(本当はこんなマジメなスライドも作ってたんですけどね……笑)

あー、うん。ほんと楽しかった。まだなにも決まってないし約束できないけど、もしも許されるならまたやりたいなぁ、こういうの。
当日もいろいろご意見いただいたので、またちょっと違った形ででも。

お越しいただいた(かなざわ珈琲の常連の)方がおっしゃった「サロン文化」という言葉がとてもしっくりと、心に残りました。

美味しいコーヒーやお酒を味わって、ゆったりとした時間のなかで好きなことについて語り合う、それって本当に贅沢で、素晴らしい時間ですね。

遊びに来てくださった皆さん、本当に心から、ありがとうございました!

■写真展は、1月31日まで開催中です!

写真展のほうは1月末まで引き続き開催中ですので、お気軽にお越しいただければ嬉しいです。ぼくは土日なるべくお店にいたいと思うのですが、どこか水族館に行ってしまう可能性もありますので、お越しの際はお気軽にご連絡いただければ幸いです。(Twitter:@RA_aquapicture)

コーヒーを飲みながら、ひとりでも多くの方と魚や水族館、カメラについて語り合えること、心より楽しみにしております。

スポンサーリンク
写真素材のピクスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image