2017.11.25_伊勢シーパラダイス_アジマニア必見!大水槽に潜む罠

■伊勢シーパラ、リニューアルされた大水槽。

前回の記事で、「ここに住みたい!!」と大絶賛してしまった、
伊勢シーパラダイスの「海底ごろごろホール」。

小型魚好きとしては、ついつい「ごろ寝スペース」側の
テーブル水槽の中身が気になってしまうのですが、
メインの大水槽も、ちゃんとチェックしなくてはいけません!

ふむふむ……ギンガメアジの大群と……スギかな。
まぁ、無難なラインナップといったところでしょうか。
グルグル泳ぎ回るアジたちに混じってウミガメが入ってるのがご愛嬌。

ん?

ん???

■なんか見つけた。。。

PB251886.jpg

大水槽の柱に貼られた、手書きの解説板。

黒板風な手書きの解説板は、いかにも伊勢シーパラって感じなんですが
その中に、聞き捨てならないことがサラッと書いてあります
思わず、二度見。

お分かりいただけただろうか……。

PB251887.jpg

なんですか?!
「ギンガメアジの群れに1匹だけ混じってます」
って、なんですか??!

もう一度、ご覧いただこう。

DSC_1370.jpg

この大水槽はいわゆる「ドーナツ水槽」。
アジたちはグルグルビュンビュンと、けっこうなスピードで回遊しています。

そして、「ごろごろホール」で寛ぐ人たちへの配慮なのか
大水槽の照明も、あくまで控えめ。
水槽奥の擬岩部分の岩陰なんか、ほぼ真っ暗な場所もあったりして。

高速で泳ぎ回る被写体に、薄暗い水槽。
個人的には、とても苦手な撮影環境です。

思わず、カメラを握る手に汗がにじみました。

■こうなりゃ意地でも探し出します!

正直、あの解説板さえ見てしまわなければ、
(あぁ、ギンガメアジね、ふ~ん)でスルーして、
次のコーナーに進んでいたと思うんですよ。
いや、それも魚好きとしては良くない態度ですけれど。

なにはともあれ、気付いてしまったものは仕方ありません。
「群れの中に1匹だけ混じってます」と断言された以上、
見つけ出すまではこの水槽を離れられません!

なるべく広角に見渡せる水槽の一角に陣取り、
左から右へ泳いでくるアジたちを待ち構えます。

……ギンガメアジ。
ギンガメアジ、ギンガメアジ、スギ、ギンガメアジ、ギンガメアジ、
スギ、スギ、ギンガメアジ、ウミガメ、ギンガメアジ。

あっ!
ロウニンアジっぽいのが来た!!!


……
………!!

ミス!!!

そう、この水槽は照明が暗いのです。
ようやく見つけたロウニンアジでしたが、
我がカメラテクニックと機材では、
高速で泳ぐ姿を満足にイメージセンサーに焼き付けることはできませんでした。
(本当はこういうときに「流し撮り」というテクニックが役に立つのですが。)

■そこで作戦変更。

撮影にちょうどよさそうなポイントを探して大水槽のまわりをグルッと一周。
どうやら、ドーナツ水槽のところどころに、比較的照明の明るい場所があるようです。

なるほど…。ならば…。

ターゲットとなるロウニンアジもしくはカスミアジを見つけたら、
カメラ覗いたままずっと並走し(転倒・衝突注意)、
照明の明るいポイントに差しかかったらシャッターを切る!
この作戦で行こう!

こうしてぼくは、大水槽の外周をグルグルグルグルと左回りに、
カメラを構えながらアジと並走してる人、になりました。

いやもう、周りの人から見たらただの不審な人ですよね。
この日は空いていたからいいものの、混んでると完全に迷惑なのでやめましょう。

大型アジの遊泳速度を全身で実感できました。
たぶん、誇張なしに10周くらいは歩き回ったと思います。
絵本「ちび○ろサ●ボ」のトラだったら、バターになってるところです。

最後のほうはちょっと息が上がりました。日ごろの運動不足を呪いました。
(そして実際、ウミガメを観察していた他のお客様に
「何をしているんですか?!」と興味津々で訊かれました 笑)

■さて、その成果は?!

DSC_1384.jpg

■ロウニンアジ(学名 Caranx ignobilis

釣りが好きな人は「GT」なんて呼びますね。英名「Giant trevally」の略だそうです。
たくさんいるギンガメアジより、ちょっとデコッパチで貫禄がある外見。
泳ぎも悠然としている印象です。

DSC_1392.jpg

■カスミアジ(学名 Caranx melampygus )

この写真は体型がちょっとブサイクに見えるけど、
本当はシャープで体色も綺麗で、ちょっと女性的な雰囲気もある大型アジ。
解説板には「少し控えめな性格」とあるけれど、泳ぎ自体は意外と速かったです。
ダッシュ力があって、ギンガメアジよりむしろ撮影難易度が高い感じ。

■機会があれば、お試しを。

アジの「混じり探し」、けっこう熱中できます。
この水槽ならではの楽しみ方じゃないかなーと、勝手に思ってます。

……まんまと、あの解説板を書いたスタッフさんの罠に引っかかってる気もしますが。

もし、伊勢シーパラダイスに行かれる機会があれば、ぜひお試しを。
ただし混んでる時は、アジに夢中で他の人にぶつかったりしそうなので、ご注意くださいね!

スポンサーリンク
写真素材のピクスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image