「撮るべきか撮らざるべきか?」、みたいなコト。

ぼくがこれまで、水族館で魚を撮影するにあたってなんとなく心がけていたこと。

それは、

「奇形の個体や器官(ヒレ、目、ヒゲetc)に欠損のある個体や、体形に歪みのある個体はなるべく撮影しない」

ということ。

(やっぱり、ヒレをピンッと張った一瞬ってめちゃくちゃカッコいいですよねぇ。婚姻色の出たオイカワの雄。しながわ水族館にて。)

その理由は、3つほどあります。

■理由1:それが、その魚の「本来の姿」だと思ってほしくないから。

これがいちばん、理由としては大きいです。

自分のブログやTwitterの影響力なんて大したことないと思うものの、それでも稀にぼくの投稿を見て「~~水族館に行ってみたくなりました」とか、「~~を見てみたいと思いました」というコメントをいただくことがあります。(これは率直に、本当に嬉しいです)

そういうことを考えると、できればその魚らしい形質をきちんと兼ね備えた姿をお見せしたい、という気持ちが強いです。

たとえばニジマスやヤマメって、養殖個体だと往々にしてヒレが擦り減ったように丸まっていたり、特に胸鰭が欠損してしまうことが多いのですよね……。
(おそらく養殖の際に、仲間同士でかじりあってしまうのではないかと想像しています)

こういう個体を撮るべきか撮らざるべきか。撮ったとして、「これがヤマメです!」と公開するのは違う気がするのです。(どこで撮ったかは一応伏せておきます)

胸鰭の欠損以外は体形も健康的で、いい色も出ていて、いいなぁと思うんですけれどね。

■理由2:そういった個体の写真だけがひとり歩きするのが嫌だから。

これはちょっと、考えすぎかなと思う部分もあるのですが、それでもやっぱりネット社会の怖いところで、なにげなくSNSに投稿した水族館写真に「こんな劣悪な環境で飼育されて!かわいそう!」というような反応をされたことが、ほんのわずか(たぶん、せいぜい1回か2回ですが)あります。

思想や感性は人それぞれですので、ぼくが「素晴らしい」と思う水槽展示を見て「かわいそう」と思う方がいることは仕方のないことだと思います。水族館や動物園という施設そのものに対して、そもそもネガティブな考えを持っている人も一定数いらっしゃるのが実態です。
「見た人がどうとらえるか」にまで関与できないというのが、撮影者としての限界なのかな、と感じてしまうこともあります。

それでも、「水族館や生き物の魅力を伝えたい!」というのが、ぼくが水族館で写真撮影をするいちばんの原動力ですので、意図していない受け止め方をされるような表現は、できるだけ回避したいな、というのが正直なところです。
水族館が好きだから写真を撮っているのに、自分が撮った写真が発端でお気に入りの水族館が叩かれたら、やっぱりちょっと悲しいじゃないですか。

だからといって極端に「イイトコ撮り」して綺麗な個体だけ選り抜くのも、一種の偏向報道というか、偏った情報発信なのかもしれないですけれど。

たとえば100匹魚がいたらそのうち80匹は奇形かボロボロの痩せ痩せで白点まみれ、みたいな水族館がもしあったとすれば、それはそういう実態をしっかり伝えるべきだとは思います。

(某所で撮影したサバの群れに、1匹だけ肌荒れを起こした個体が混じっていた。この個体をクローズアップするのは、ちょっと違うかなぁ……と思うのです。他の個体は健康そうだし。)

■理由3:単純にぼく自身が、そういった(奇形や歪みのある)個体が好みではないから。

まぁ、大多数の人がそうだと思うんですけれど、やっぱり健康的な個体のほうが魅力的ですよね。

「綺麗な魚の写真を撮る」ことのコツの何割かは「自分好みの個体を探し出す」ことなんじゃないかな、と思ったりもします。

ときどき、その「目利き」を誤ることもありますけどね……。

(メバルってやっぱりこの大きな目がチャームポイントだよなぁ!と思いつつ、なんか変だなと思ってよくよく観察していたら、眼球の中にガスが溜まっていた。元気そうではあったけれど)

「見てください!この大きな瞳の輝き!これこそがメバルの魅力!」的にSNSに垂れ流さなくて、本当に良かった。

■と、ここまでが前段です(笑)

いやはや、長いマクラだ。ここからが本題。(続く)

スポンサーリンク
写真素材のピクスタ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyrighted Image